読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が全休

埼玉県在住男子大学生。75ccホンダリトルカブで日本一周を経験する。いいブログ名が思い浮かびません。

ラ・ラ・ランドめちゃ良かったよ

-日記

ララランド観てきました。

ブログ書きます。

 

この記事を投稿するまえにラ・ラ・ランド観てここがよかった、あれが気になった、サントラ買っちまおうかとか下書き書いてみたんですけど1500文字超えたあたりから、それはそれはもう読みづらいわ、ネタバレ的なもんは含んじゃうわで書き直してます。

 

 

もう余計なことは言いません。

 

めちゃくちゃ良かった。

 

歌、踊り、最高でした。

 

もし映画館のスクリーン誰もいなかったら、手拍子したり、立ち上がって一緒に踊り出したいくらいです。

円盤でたらこれはマジで買おうと思ってます。

 

ズートピア観た時、友達にすっごい勧めたんですけど、これもどんどん推していきたい。まあ推していかなくても、人気作品のためみんなで話し合えるようにはなると思うんですけど。

 

余韻がすごい。

もう一回みたいなあ。

 

うわあ。

秋期大学の単位をすべて落とした話

-雑談

大学生の中には、単位の取得に情熱を注ぐ者と遊んで楽しければ単位を落としても良いという者がいる。

 

僕は前者である。

単位を取得するためにそれなりに学校にも行って、提出物もしっかり出して、レポートなんて書くのが楽しいから字数制限守らずやたらめったら文字ぎっちりで提出なんかしていた程だ。

 

本当は後者、はしゃいで遊んで飲んで騒ぐチャラチャラしたパリピ大学生になりたかった。大学とは人生最後の遊び場だと、小・中・高と読み続けていた「もやしもん」で教わったからだ。でも実際はそんなチャラチャラしたキャンパスライフはおくれず、まず第一に友達ができない。

学校の周りに飲み行く場所もない。

というか、一緒に飲みに行くような雰囲気にもならなければ、授業が終わり次第そうそうと帰宅してしまう私にそんなチャンスなど訪れもしなかった。

 

やむなく、単位を取るためだけに学校に通っていた次第であったのだ。

 

 

それが去年、2年生になってから初めての単位を落とした。

春期の履修科目半分も。

原因はなんとなくわかっているが詳しくはここで書かないことにしておく。

単純に遊びすぎただけ。

友達からの誘いはほとんど断らず、バイトと遊びを毎日続けていた。

 

学校にはちゃんと行っていたけど、ついていけなくなった授業は寝たりサボったり、そもそもテストを放棄したりした。

むしろこの生活で半分の単位が取得できただけある意味僕は天才なのかもなとか思っていた。

 

 

夏休みを迎え、原付きで日本一周の旅を経験し、あっという間に夏休みは終わって秋学期がやってきた。

 

うまいこと楽そうな授業を組んだつもりだったが、現実はめちゃくちゃ厳しい。

授業には出れても、如何せん友達がいないので、聴き逃してしまったところや、よくわからなかったところを誰かに聞くということができなかった。

授業についていけなくなる。でもついていこうという努力は全くしなかった。

 

そんな憂鬱な秋学期を3週間くらい耐えたとき

 

学校だるい!!!!もういかない!!

 

吹っ切れた。

前々からずっと思ってたけど、行かないと家族に迷惑かけるし、お金もったいないし、渋々いっていた学校だがも~~~~どうでもいい。いかない!!!!なにもしたくない!!!

 

そっから僕は秋期の2/3をサボり、出席日数の不足により全授業の単位認定不可が決定。

春休みに今にいたります。

 

12月に一回だけ大学に行ったとき、隣の席の人から「あっ。やっと席が埋まった」と言われたことは忘れられません。

 

 

こんな生産性のないグズができあがってしまい、大変申し訳ございません。

 

ブログ名「毎日が全休」はまさにこのこと。

 

今年の春から大学生になるみんな。

学校は休んじゃいけないよ?

 

PorterRobinson&Madeon Shelterツアーに行ってきたんだよ。

-日記

おはようございます。

春休みがやって参りました。

大学生の皆さんいかがお過ごしですか?

毎日が暇で暇でしょうがないでしょう。

 

同年代の社会人の皆さん?

僕たち大学生は春休み・夏休みをあり得ないぐらいにぐうたらしているんです。

 

学生を代表して謝罪しておきます。

毎日ぐうたらしてごめんなさい。

進路の事なんか何も考えず家で映画を観たりゲームしたりしてごめんなさい。

暇過ぎるから都内まで足を運んでおしゃれなカフェに入ってInstagramに載せるためのわけのわからないあまったるデザート頼んじゃってごめんなさい。

 

そんな素晴らしい春休みを送っていて皆さん大変申し訳ございません。

 

EverydayがHolidayな僕は、今月21日Zepp DiverCityTOKYOで開かれた「PorterRobinson&Madeon "Shelter" Live Tour」に行ってきました。

 

ウェイなパリピが好きなEDM。

ウェイなパリピが好きなクラブ。

 

ウェイなパリピではない僕だけど、EDMもクラブも大好きです。

 

めっちゃんこ尊敬している二人のコラボ曲だというだけでありえんテンションブチ上がってたのに、まさかワールドツアーで日本にきてくれるなんて。

チケットとるしかないじゃないですか。

 


f:id:Moezo:20170225025055j:image

 

友達と二人で行くよん。

 

待ち合わせはご存じ東京テレポート駅

妙なネーミングセンスのなさというか、ガッカリ感。大好き。

 

そんなこんなでさっくり集合していざ出発。

最初間違えてZeppTokyo行っちゃって、「なんか客層ちがくね?」「やたら女子ばっかじゃね?」なんて話てたら、どうやらこっちの開場では清水翔太のライブがあったそうです。

 

どうりで。

 

行き先ミスったせいで開場時間ギリギリで目的地に着いた一行ですが、待ち受けていたのは長蛇の列。

僕らの整理番号はかなり後ろで入場にはかなりの時間がかかる模様。どうせこれじゃあ立ち見席は後ろの方だし、併設DiverCityのフードコートで一杯飲んでから行きましょうと二人はビールと唐揚げを購入し数十分ほどお喋りをしてました。

 



f:id:Moezo:20170225030123j:image

 

ちなみに僕はお酒に強くないため、この時点で良い具合に酔っ払っています。

酔いもあって既にテンションはかなり高め。

 

開演ちょいと前までまったりしてたので、あっさり入場できました。

 

開場の中にはやはり人がギュウギュウ詰めです。ギュウギュウです。

ちゃっかり殺人事件があってもまじでわからないと思います。

ZeppTokyo清水翔太ライブの客層とはやはり少し違います。

 

パリピもいればオタクっぽいやつもいます。(僕は確実に後者)

又、日本人だけでなく海外の方も沢山いて、なんかもう日本語と英語がごちゃごちゃしててすっごいカオス。

 

そっからもうふたりがステージに入ってきてもう会場も曲もヤバいのなんの。

連れの友達は開始から10分程涙を長しておりました。



f:id:Moezo:20170225030755j:image

ウェーーーーーーーーイ!!!!

 


f:id:Moezo:20170225030819j:image

アアアアアアア〜〜〜〜〜〜!!???!

 

 


f:id:Moezo:20170225030839j:image

おっ…お゛っ…お゛えええええええええ!!!!!

 

「ありえん良さ味が深い…」

「というかおしっこしたい…」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな僕達二人は開始約15分後泣く泣くトイレに行くのでありました。

 

 

 

1時間というパフォーマンスはまじであっという間で、(あれ?短くね?)みたいなアレがアレします。

 

(もう終わり?)みたいなアレが頭の中をアレしている最中、それを上回る興奮と高揚感でカラダが満たされ我々の語彙力は偏差値13まで低下。

 

「ヤバかったな」

「うん、なんかもうとりあえずヤバかったな」

「あの二人はマジでヤバイ」

「ぽたろびヤバイ」

「までおんもまたヤバみがヤバイ」

「つか早くね」

「それな、1時間で終わりかぁ」

 

人はめちゃくちゃ興奮すると語彙力が低下する事をなんだか改めて実感しました。

 

偏差値13バージョンで言うと、人がヤバくなるとボキャ貧でとりまヤバみがシンドイのに気付いた、です。

 

物販で各々TシャツやらCDを買ってZeppDiverCityを後にします。

 

さよなら、半径500m以内にいるぽたろびとまでおん。日本に来てくれてありがとう。

大体曲持ってたけど、シール付いてるし初回限定盤だったからCD買っちゃったよ。

ありがとう。ありがとう。

 

と…

 

 

さあ、1時間跳ねて叫んで踊り狂った成人済みの僕らが向かうところはもうお分かりですね?

 

 

そうですサイゼです。

二階がチェーン居酒屋店笑笑でしたが、サイゼ飲みというもんを超個人的に体験したかったためこっちに入る事にしました。

 

ワイン、生ビール、おつまみに辛味チキンやピザ、パスタ、エスカルゴ、デザートやらなんやらを飲んで食べて。ああなんて素敵な春休み。

大学生とはこうでなくては。

 

殆ど自宅で過ごしているんだ。たまにははめを外してこうして遊んで飲んでしていいじゃない…


f:id:Moezo:20170225031116j:image

 

こんなに沢山頼んでも、下手に居酒屋で飲むより前世お安いの。素敵だなあ。最高だなあ。

もうちょいお酒の種類別増やしてくれないかなあ。でも安いし全然いいかあ。

 

とまぁ、ラストオーダーまで楽しんだ僕は終電を逃し、友達の家(千葉)に行くことになるのであった。

 

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 

あ、今回のブログ、ライブの事よりサイゼ飲みを推す記事にしたい。

 

~スマートフォンからの更新~