読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が全休

埼玉県在住男子大学生。75ccホンダリトルカブで日本一周を経験する。いいブログ名が思い浮かびません。

19歳Fラン学生が企業とかについて考えてた

-日記

こんにちは、たけしたもえです。

 

春休み中に行うインターンシップに向けての事前学習会2日間も無事終えることができ一安心。朝の9時から17時過ぎまでぶっ続けで行われた事前学習会でしたが、社会についてたくさん勉強になった良い機会でした。

正直学習会だけでお腹はいっぱいです。

 

 

1年から3年生を対象の研修なのですが、思っていたより1年生が多かった。

僕は一人で行ったのでよくわかりませんが、学科の人や友達の人と一緒に来た人が大半を占めていたと思います。

 

とりあえずめちゃくちゃ疲れた。

 

 

ビジネスマナーや業界・業種についての授業を受けているとき、なんだか随分未来の話をしているのか、もうすぐそこまで来ている現実の話をしているのか、不思議な感覚に陥りました。

 

う~ん、社会人ってなんでこんなにもめんどくさい事しなきゃいけないんだろうな。みたいな悟りの境地にも近いクソ思考を発揮していたかもしれません。

 

 

ああ、企業って、会社ってなんなんでしょうか。

 

なんなんだろう!!

 

企業ってなんだ!会社ってなんだ!

kotobank.jp

kotobank.jp

 言葉の意味を汲み取った所でよくわかりませんね。

いや、僕の頭が弱いせいだからだと思います。

 

先生によると「自分一人ではできない仕事をみんなでやるため会社がある」とのこと。

 

 

なるほどなあ

 

でも、僕にはなんの仕事ができるんでしょう。

 

 

運動が得意でもないし、外国語が話せるわけでもないし、特別なスキルも持っていない僕に社会が任せる仕事はなんなんだろう。

 

 

会社が欲しがる人材ってどんな人間なんだろうってところも考えさせられました。

 

企業が求める人材の能力ランキングみたいなものには大体、

  • コミュニケーション能力
  • 積極性
  • 主体性
  • リーダーシップ力
  • 責任感

とか、あと語学力だったり専門性だったりが載っていますね。

 

実際、本当に上記の能力を持ち合わせていれば、就活では困らないんですかね…

僕にはまだわかりません。

 

 

 

とあるサイトのランキングにはしっかりと『出身校』が(上位ではありませんが)記載されていました。

 

現実問題、学校名でエントリーシートをはじく学歴フィルターは存在するようです。

仕方ないと言えば仕方ないのかな。

大学の記念受験っぽく、記念で応募みたいのされても企業は困りますよね。

わかりやすく振り分ける手段として、『出身校』を利用するのは理由はわかる気もします。

 

コンプレックスまみれの僕ですが、学歴コンプレックスもあります。

あんまりそういうのは良くないってわかっていても、有名な大学の方々に囲まれるとどうしても大学名が言いづらくなるのは事実です。

 

でもそんなことは気にしない、自分の学んでいることに自信をもつことが1番大切だと思います。

 

ぶっちゃけ僕は去年1年間何を勉強してきたのかよくわかってないので自信は全く無いです。

 

 

 

名の知れる大学に通う生徒は、インカレとかすごいすんなり入ってますよね。

一度しか行かなかったあのサークルでも僕は大学名を一度も言わず切り抜けました。

もっと自信を付けたい…

 

大企業と中小企業

日本における中小企業の割合は99.7%とのこと。

国内の企業数421万社中、約419.8万社が中小企業。大企業がのこり0.3%の約1.2万社だそうです。(経済産業省2006年)

f:id:Moezo:20160203235340j:plain

Webに載ってた円グラフがわかりづらかったので僕も作ってみたんですが、めちゃくちゃ少ない。

つまり、僕らが知っている会社名は本当に一握り、爪の間に挟まった砂の粒並の少なさだと思います。

 

しかももっとすごいなあと感心してしまったのが、大企業と中小企業の従業者数。

f:id:Moezo:20160204004505j:plain

4013万人中約1559万人は大企業に勤め、約2784万人は中小企業に勤めているそうです。

1%にも満たない大企業が、どれほどの社員を抱えているんでしょうか…

 

10人に3人が大企業でお仕事をされているってことですか。

結構多いと思いました。

 

 

有名な学校、有名な企業の人間であるということは、とてつもないくらい自分のステータスとして強い装備になります。

それだけでモテるくらいです。

イケメンであればなお一層のこと。

 

もちろんそういうところへ行く方々は、途方も無い努力を積み上げてきた賜物でしょう。

 

彼らにはどんなスキルがあるんだろ…

 

自信は少なからず僕みたいなヤツよりあるはずです。

 

じっくり考えてみます